有明・心生き・恵比寿・MASSA

こないだの日曜日は有明にあるパナソニックセンターというところであった12時間限定のアートイベントに行きました。 
Yusen Teruya というアーティストの「Notice Forest]という作品がとてもよかった。 
イベント自体の形態がかなり新しい気がしました。
「美術館」「展示会」というよりも「コミュニティー」という感じが強かった。 
確かにアートが人間との関係性を見つめなおすためのツールであるとするならば、「コミュニティー」化していくこと、「現実」との乖離をゆるくしていくこと、むしろその中に取り込まれ混ざっていくことは重要な転換だと考えます。

火曜日は先週に続いてR-Tasteのよさこい練習に参加しました。
演舞名は「心生き」。
4月2日、4月16日にこの演舞を代々木公園で踊る予定です。
そして4月23日は富士市で先週練習した「産霊(ムスヒ)」を踊る予定です。
4月はいっぱい踊りますね。
やっぱり体を動かすといいものです。たぶん思考も進むんじゃないかな。
バランス、バランス。

水曜日はドイツ映画祭帰りの映像や写真をやっている友人とMASSAというアーティストのライヴを聴きにいき、そのあと恵比寿でちょっと飲みました。

MASSAの演奏には勇気をもらいました。
心を感じました。 またあとでMASSAに関しては紹介したいと思います。

切磋琢磨できる、刺激を与えてくれる友人がいることは財産だと思います。
ただ方法が違うだけで、目指すものは似ていたり。
こないだふと、「希望は僕たちの関係性の中にしかない」と思いました。
なんだかんだ、嫌なこともあるけど、それでも僕たちはそこ(関係性)から逃げることはできないし、希望がもしあるとしたら、そこ以外にはありえないんじゃないか、と。
[PR]
by kkiyono-lp | 2006-03-09 13:25
<< Mixiからのバトン EASY LISTENNING... >>