タムくん

逢いたいと願っている人に
逢えることは本当に幸せなことです

どこかでずっと逢いたいと思っていたタムくんと先日逢ってお話することができました。

何を話そうかな、と逢う前に考えていて

「部屋」という彼の作品が僕の胸に強くあって

「素敵なマンガをありがとうございます」

切り出しました。

「僕はなにもしてないよ。」

彼自身が優しい空気のようでした。

タイで逢えたらいいな、思っていて、逢ったのは神戸の元町でした。

話せば話すほど、相手を優しくするようなタムくんでした。

あたまをからっぽにしてお話しました。

「人間はそんなに悪いものじゃないよ」

不思議な名前のお茶をのみながら、いろいろお話した後にタムくんがいいました。


人は、ときに枯れそうなものばかりをみてしまいますが、
「希望といういのち」を育てていきたいと思います。
タムくんとタムくんの日本語の先生と3人で、テーブルを囲んだ優しい一時間は、守られて、優しさに設えられているような時間でした。

またきっと逢える日が楽しみです
[PR]
by kkiyono-lp | 2009-06-16 23:30
<< その一歩が きっと僕たちにはできる >>