2013年・冬至

2013年・冬至。

地球は、今日も、確実に太陽の周りを進んでいく。

一年で一番短い日中が終ったのちに、

美しい夜空がやってきた。


空には星が瞬いていた。

明日からは、また一日一日と、日は長くなっていく。


こういったことは、ほんとうに永劫の時間の中で、

何度も、何度も繰り返されてきていて、そういうことに想いを巡らすと、

心は小さな悩みから、少し解放される、気がする。


小さな体を持って生まれ、

その後も小さい体とともに生き、

明らかに有限な時間の中で、どういったものに手を伸ばし、

どういったものを目指して生きるのだろうか、なんて、考えてみる。


空から見れば、私の存在も小さく、

ただほんとひととき、この大地に立つ者だが、

いつかしっかりとその小ささを受け止め、

ただただ等身大のいのちを慈しみ、

全うへとたどり着けるだろうか。


心の中の
スイッチをおせ

そしていまから、日は長くなっていく。

次の冬至が来たときに、鳴っている音楽を想え。

2013年・冬至。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-12-22 22:43

いつかは

いつかは ぼくらは 心臓がとまり
死んでいく

この地球という星に生まれ、また星に還っていく

魂はもといたふるさとに還っていく

それで、きっと、またいつか戻ってくる

またたきのようないのちのなかで
私たちはどんな風にいきかたを描けるのだろうか

目をつぶれば 出逢える宇宙に なげかけて
胸の内に戻ってくる声をきけば

きっとわかるはずだ

いまなにをしなくちゃいけないか

次の一歩はどう踏み出すのか
f0081311_2248338.jpg

[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-11-11 18:28

遷御からはじめてのお伊勢参り

阿須賀神社での大祭ののち、

遷宮後、はじめてのお伊勢参りにうかがわせていただきました。


f0081311_22533645.jpg



f0081311_22533745.jpg



f0081311_22533889.jpg



f0081311_2253385.jpg




f0081311_22533968.jpg




f0081311_22534098.jpg

f0081311_22534127.jpg

f0081311_22534234.jpg

f0081311_22534382.jpg

f0081311_22534697.jpg

f0081311_22534817.jpg

f0081311_22534944.jpg

f0081311_22535098.jpg

f0081311_22535136.jpg


外宮も、内宮も、ほんとうに目出度い、奉祝の気で満ちておりました。

願うのは
人の心の
岩戸開き
踊りに踊れ
弥栄の舞

神風の
伊勢に参れば
あらためて
神の御稜威の前に
立つ なり

清かなる
五十鈴のほとりの
神の宮
諸人こぞりて
祝う常若

ちはやぶる
神の御稜威を
感ずれば
神風うたう
伊勢の神宮

清和
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-10-20 22:39

内宮遷御明けの朝

f0081311_0493821.jpg


内宮遷御明けの朝日。石巻にて。
朝から、大嶋神社さまの清掃に参加させていただきました。

f0081311_0493942.jpg

遷御明け 登る暁 赤々と
光る川面の 巻の石かな

f0081311_049429.jpg


弥栄を
祈る 暁 光る川
あまねくいのちを
照らす アマテル


f0081311_0494381.jpg


高天原に
聞こえくる
太陽の唄唄を
きく 朝かな

清和
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-10-08 00:42

20年後のことを想って・内宮遷御

2013年の10月2日・第62回の神宮の内宮遷御の日、

わたしは、石巻にいました。
一番近くの神社は、大嶋神社という住吉三神がご祭神の神社です。

この弓の島の弥栄を願って、この弓の島のすべて生きとし生けるものが、幸い、和み、あらゆる束縛から解放されることをお祈りさせていただきました。

f0081311_22455599.jpg
f0081311_22452766.jpg



f0081311_22463549.jpg

20年後の未来に、この弓の島がどんなふうになっているか、その未来にむけて、いまの私のことを書いておきたいと思いました。



わたしは、いま石巻をベースにしている一般社団法人 OPEN JAPAN で、『3月10日』制作室というプロジェクトをさせてもらっています。
福島第一原発事故によって、故郷から離れざるを得なくなった方々が10万人もいらっしゃいます。
その方々の人生を、自分史というかたちで、本にして、次の世代の人達へ伝えていく、という活動です。
未来に向けた活動です。まさに、次の遷宮の頃に若者になっているだろう、これからやってくる人々にむけて自分史を書きのこしていく活動です。20年後にこの成果をみたら、どのように感じるだろうか。そういう気持ちでまた新たな気持ちで取り組んでいきたいと思います。


ほんとうにありがたいことに、この式年遷宮の歳から、和歌山県の阿須賀神社さまとご縁をいただいて、神職としての道を歩み始めることができました。20年後は50歳。40年後は70歳。60年後は90歳。そういう風にこれから年を重ねていくなかで、神職の道を歩ませていただけることに深く感謝いたします。この10月には、はじめての大祭での奉仕をさせていただきます。身の引き締まる想いです。


2012年の立冬頃からは、秩父で「ほしのゆめ」という場づくりをはじめました。築130年の古民家を母と協力して、心休まる場づくりをさせていただいています。そろそろ一年が過ぎようとしていて、ほしのゆめの御蔭でたくさんの経験と出会いをいただいています。安心できる場づくりをしていきたいな、とおもっています。


森にかかわることは、私のライフワークです。いま、森のまつりごとという団体と、「川のまつりごと」という新しい民主主義のカタチを模索しています。市町村や都道府県ではない、流域での意思決定に未来の社会の単位があるように感じています。それを広げていきたいとおもいます。


母も、祖母も、姉も元気でおります。うちには、いま多賀ちゃんという猫もおります。
今まで以上に、仕事に没頭していきたいと想っています。


鶏鳴所役の宮掌が、 「カケコー」と三声、長く唱える声を映像でみたときに、ついにこの時がきたんだと感じました。

そうしてあらためて、石巻総鎮守の大嶋神社さまにお参りをしました。

f0081311_22441895.jpg


歩んだ道は後戻りはできない。そうやって進んでいこう。

台風の風吹く石巻から、20年後の遷御の日、私はどこにいるだろうか。

f0081311_22444633.jpg

[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-10-02 22:47 | Story telling

猪苗代湖と会津磐梯山と待宵月

磐梯熱海で元湯に浸かってから、猪苗代に着くころには、日も落ちて、丸いお月様が輝いていた。

f0081311_17301918.jpg



2013年の中秋の名月の前の夜、待宵月に、私は、会津の猪苗代湖のほとりにいた。

すぐ近くには、会津磐梯山がみえる。

磐梯山の姿は、堂々としていて、はじめてみた時から、とても気にいった。好きになってしまった。

その磐梯山の山影と、丸い月夜なのだ。今夜は湖畔で眠ろう、きっと素晴らしいはずだ、と感じた。

f0081311_17302037.jpg



湖畔での風景は想像を越えて美しかった。天神浜には、誰一人おらず、遠く磐梯山の足元に小さな町の光がみえた。

一人で少しの時間、月をみつめてみた。月はまさに光っていて、大きな宝石のようだった。月影はうさぎのようにはっきりみえた。

静かな、美しいときだった。

人間の悩みや、社会の混乱をこえて、月や星々は、山や湖は共に唄っていた。

そういう静かな、美しいときだった。

朝目覚めて、湖畔にいった。

f0081311_17302231.jpg


美しい土地だ。
古から続く美しい土地だ。

空は青く、湖の水は清かだった。
遠くの町は霧の中にあるようだった。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-09-19 07:08

「出すべき波動は、希望である」 もう一度。

「出すべき波動は希望である」

人の出している雰囲気や、波動は伝わる。伝播する。不平不満の波動ではなくその先に導くような希望の波動を出すべきだ、と。

これは大学生のときに、アーティストのダビくんと、コロナを飲み続けて行き着いた言葉だった。


世の中の閉塞感とか、不条理さ、毎日一体何をやっているかわからないようなもがきのあとでやってくる一筋の光のように僕はその言葉を感じたし、ことあるごとにその言葉を唱えてきた。


今朝、目覚めたら、意識はあらためてクリアランスされていて、おなじ言葉が僕の中にはあった。

いかなる風の中でも、いかなる沼の中でも、いかなる灼熱の太陽の下でも、
希望をみつめて、それに向かって歩をすすめること。希望の反物を織りなそうとすること。

いまここに、あらためて、それを想い、書き遺す。




f0081311_117722.jpg

[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-09-13 11:11

遠心力で逆立ちする独楽

今朝みた夢の中で、
f0081311_10145749.jpg


こういう独楽がでてきた。

そして朝起きたら、廊下に同じものが転がっていた。

きっと、うちの猫の多賀ちゃんが、遊んで放っておいたのだろう。

この独楽はとても興味深い。
最初は普通の独楽のようにまわっているのだけど、遠心力によって、逆立ちしてしまう。

これは結構、熱中する。

この独楽のようなこと、あるなぁ、って感じる。
すごい勢いで周って、周って、最後はいまの状態から逆立ちしていく。

独楽まわり
まわりつづけて
あるときに
逆立ちしても
なおまわる いま
清和
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-09-01 09:09

自分で問題を難しくしているのではないか

f0081311_5595371.jpg


東北から、関東へ移動。

石巻から新宿へのバスで目覚める。

「問題を難しくしているのは自分なんじゃないか」

振り返れば、
見てみれば、

余計なものをつくって、
自分の心地よい空間を、自分で狭めたり、
抜け出そうと、もがくことで、
より深く、いままでの価値観に埋没していったり、
綺麗にしようとおもって、押し込めたら、みえない地面の下から、溢れ出してきたり。


人為的に、手をかければかけるほど、
さらに問題は複雑になって、解けない。
思考も同じ。
核心をつけば、一瞬で解けるものを、
自分で澱をつくっていないか。

「それは難しい」ということで難しくしていないか。

選択は、明確に、素直に。
選択の生まれる瞬間に意識を向けよう。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-08-29 05:50

黄金街道はここだったのか

f0081311_23571499.jpg


気仙沼あたりの大谷海岸にいくと、そこに「黄金街道」を示す案内があった。

奈良の大仏が開眼するにあたって、東北で産出された金が献上されたという。
国家鎮護の大事業の大仏開眼。
九州からは八幡の神がやってきた。
東北からは金がやってきた。
時代の中のエネルギーの大きな結節点。

この案内が示すに、黄金が産出された場所は「黄金街道」は、石巻から気仙沼あたり。

そうかー!いま東北で拠点にしているところこそ、まさに黄金街道だったのか。

そうなれば、話は早い。
意識を古に合わせて、少し地面に近いレイヤーで、この土地に触れていこう。
そして、耳を澄ますのだ。
時を超える声を聴くために。
そこにいた人々の声を聴くために。
深い祈りをもって、真実に触れよう。

f0081311_23571588.jpg

f0081311_23571670.jpg

f0081311_23571682.jpg

[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-08-28 23:44

飯盛山から会津若松をみる

f0081311_041643.jpg

f0081311_04174.jpg

f0081311_04176.jpg

f0081311_041878.jpg


会津若松の飯盛山にいかせていただきました。

いのちは、時代に翻弄される。
いのちは、時代の風に吹かれる。
時代とは、ある意味、まつりごと。

過去の声を聴きながら、ほんとのまつりごとを模索する旅がつづく。
いまといういのちの最先端で。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-08-25 09:19

「ようこそ アテルイの里へ」

岩手から宮城にむかっていく道の途中に、大きな鳥居があって、急ターンして、入っていきました。
ここはどこの神社なのか。見つからない。

そして出逢ったのは「ようこそ アテルイの里へ」という看板だった。

そして、「アテルイの里」の熊野神社に出逢う。

f0081311_9202375.jpg

f0081311_9202483.jpg

f0081311_9202573.jpg

f0081311_9202662.jpg

f0081311_9202775.jpg

f0081311_9202751.jpg


物語は、はじまっている。
古の意志とともに、現代を泳げ。
様々な事象の本質を見よ。
自然の摂理の法を見よ。
今日も起こる森羅万象の中に散りばめられた真実とともにあれ。
最小限の呼吸から最大限の宇宙までを身体を通じて測り、把握するように。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-08-24 09:12

古の人々と心を合わせる・志和城柵

f0081311_118273.jpg

f0081311_118366.jpg

f0081311_118383.jpg

f0081311_118426.jpg


岩手県の雫石町にきて、
偶然、志和城柵の前を通りかかって物語がはじまる。

志和城柵は、田村麻呂のときにできた。
当時、ここは大和と蝦夷の最前線だったろう。

ここで、朝貢に来た蝦夷たちを想う。

幾層にも重なった、東北の歴史と土の中を、上を、想像力の帆をはって、旅して、学び、成す。
それをもっと意識的に。

ここでいただいたものを、次に必要な場所へ。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-08-24 01:11

霧の中に想う、あの人の姿

f0081311_66389.jpg


岩手県雫石町。朝5時。
テントの泊めさせてもらって、
まず一番に啼き出した、鳥たちの声で目を覚ます。

この岩手の地は、
阿弖流為・アテルイの地。
霧の中に、肉体をもって生きていた彼のことを想う。感じる。
彼に起こされたような感覚だった。

f0081311_66592.jpg


だんだんと日が射し込んできて、
少しづつ霧が姿を消していく。

この世界に住むすべての人々が、遍くすべての世界の場所を、自分の故郷や愛着のある場所のように感じることができたら、私たちは、もっと土に、川に、大地に、星に優しくできるだろう。そして、この星にいきる一つのいのちとして、どこにいようとも、いま、そこで、なにができるかを胸に問うて、その身体を動かすことができるだろう。
親身になって、目に見えるもの、見えないものと対話をはじめるだろう。
そのような意識の拡張と分け隔てない融和を願う。そして、いま生きている私がまずそれをしたい。

f0081311_66749.jpg


日がのぼり朝がくる。
碧の時間を越えて朝がくる。

今日も遍くいのちの全うを祈って。
すべての生きとし生けるもの、目に見えるものも、見えないものも、穏やかで、健やかで、真に自由でありますように。
私は、大地といのちに祈ります。

太陽は今日もあたたかい。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-08-22 05:46

願わくは、何をすべきかききたい

f0081311_10154490.jpg

f0081311_10154596.jpg

f0081311_10154564.jpg


満月が近い。
大きな出来事の前で、
自然の大きな変化の前で、
人々の心の大掛かりなさざなみの前で、
願わくば、いま、なにをすべきかききたい。

いのちがふさわしいときに語りかけてくれるはず。
[PR]
# by kkiyono-lp | 2013-08-20 09:50